国士舘大学 柔道部にてトレーニング講習実施!

12月24日、国士舘大学柔道部にて平岩時雄がトレーニング講習を実施しました。

これは、日頃から平岩メソッドに絶大な信頼を寄せてくださっている一般社団法人 日本予防トレーニング協会(JAPT)の企画にお招きいただいたもの。
講習の第一部は同協会が提唱するコンディショニングツール「スローコア」を使ったエクササイズ講習、第二部が平岩が指導するトレーニングの実践編、という構成でした。

近著「99%の人が速くなる走り方」のおかげもあって、最近は平岩メソッドというとスピードアップやジャンプ力アップのイメージが強いので、「えっ、柔道?」と思われるかもしれません。でも、体の正しい使い方をアスリート自身に気づかせることで潜在的な実力を引出す、というメソッドの本質は、ほとんどどんな種目においても有効なのです。
「正しい立ち方」「姿勢」から修正する平岩メソッドの根幹は、柔道のような競技においても、そのうえにトレーニングを積み重ねる土台として、とても重要な要素です。だから名だたる柔道指導者の先生方からも、おかげさまで信頼をいただいています。


今回の講習では、いつにも増して迫力ある受講者の方々に対して、肩甲骨や骨盤の可動のための実践的なトレーニング方法も紹介。例えば肩甲骨の動きは柔軟であるほうが組み合った相手との駆け引きにとって有利、ということは現役選手である受講者の皆さんもよく認識されていました。ところが、いざ今回のトレーニングに臨んでみると、自分が想像していたよりも全然動かないという事実に全員が愕然。平岩本人の柔軟な動きを見て、道場がどよめいてしまいました。
結果として、今後はストレングスだけではなく、こうしたトレーニングにも取り組んでいきたい、という受講後の感想を多数いただきました。ぜひとも平岩がお伝えしたトレーニングを継続して、組んだ相手を翻弄できるアクティブ肩甲骨スキルを自らのものにしていただきたいです。

お招きくださったJAPTの皆さん、受講生の皆さん、ありがとうございました。

 

 

平岩時雄トレーニングメソッド Physical Coaching 事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です