農作業

みなさん、こんにちは!

今日は朝から、2週間ぶりに畑仕事をしました。4月下旬には、ジャガイモ、インゲン、オクラ、サニーレタスを植えました。今日は、ネギの植え替え作業です。

 

4月の段階で、発酵牛糞と発酵鶏糞を混ぜ込んで耕したので、畝を作ってネギを置いていくだけです。写真のように、南北3条にわたって植え替えをしましたが、ネギは分化を繰り返しますので、何倍にもなります。

ですから、植え替えをし始めてから我が家では1年を通してネギを買ってくることはありません。

 

 

 

 

 

 

さてここからがポイントです。私のセミナーや指導を受けた方はご存知かと思いますが、私の農作業は、趣味と実益を兼ねたものとなっています。ネギの分化でおわかりの通り、ヒトと植物の共通性理解は指導に欠かすことができません。土壌や天候。肥料と栄養。化成肥料やホルモン剤と早熟、肥大。無肥料と過剰栄養。変態。細胞分裂の活性、老化、排泄物。伸長(育成)と収穫(パフォーマンス)。陣地の奪い合い、強さ、適性。

 

どれもこれも、スポーツや人間社会で起こることと同じ現象なんです。と、偉そうなことを綴ってますが、私の実力なんて農家の方には足元にも及びません。我が家の前で農作業をしている「ネギ名人」(勝手に私がそう呼んでいる)は、苗の植え付けだろうが、種まきだろうが、どんな作物でも水を1滴も使わないんです。1年中、野菜も花も絶やすことをしない。もちろん、素晴らしくおいしい。いつも教えをこうのですが、未熟な私は失敗の連続です。

どうして、うまくいかないんだろう?

なんでそうなるのか?わからないことばかり。

そんな生命の不思議とありがたみが肌感覚で理解できるよう、まだまだ頑張ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です