夏合宿

みなさん、こんにちは!夏休みですね!

週末は静岡県に行って、埼玉県の私立昌平高校男子陸上部の合宿に参加してきました。昌平高校は、全国総体の出場常連校で、特に八種競技では毎年優れた選手を輩出し続けています。

午前中の練習では、スプリントの基礎練習の繰り返し。スタンディングスタートでの姿勢と力の伝え方。接地のタイミングと評価。加速局面からトップスピード。基礎は「できない人」にとってとても難しく感じます。今回は、階段を利用して、わかりやすく指導することに努めました。

高校生の中には、形ができれば走れる、と思っている子がかなりいます。これは違います。基礎は、自分のなかに入り込まないと、動きに反映されません。自分で「こういう感じか~」とつかまないと覚えられないのです。私は、とてもデリケートに自分でつかむよう進行します。昌平の高校生は、たとえ100m10秒台の選手でも、もっと基礎を確立しようと一生懸命に取り組みます。私にとっても、よい勉強になりました。

写真は、私が階段を使って実技指導をしているところ。まだまだ見本(デモンストレーション)は続けています。見て感じてもらうのも、大切なことですよね。

 

夜の座学でも、走る感覚と論理、という難しいところは質問が飛び交い、とても良い時間を過ごしました。今年の沖縄インターハイでの活躍を大いに期待しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です