生涯スポーツ・体力つくり全国会議2021

2月5日(金)、「生涯スポーツ・体力つくり全国会議2021」が開催されました。

これはスポーツ立国の実現に向けて今後のスポーツ推進方策について検討することを目的として、スポーツに関連する多様な人々が一堂に会して研究協議や意見交換を行う場です。主催はスポーツ庁、公益財団法人 日本スポーツ協会をはじめとしたスポーツ、健康関連の9団体、冒頭の基調講演は室伏広治スポーツ庁長官、ということからも、この会議の重要性がそこはかとなく漂います。

この会議のなかで平岩時雄は「新しい生活様式におけるスポーツの実践」をテーマに、一部実技も含めた講演をいたしました。

折しも11の都府県で緊急事態宣言が発出されている状況下で、誰もが毎日の生活に様々な制約を課しています。スポーツの分野においても例外ではありません。そんななかでも各自の自主性を育むことを主眼としたスポーツ指導・運動指導が無理のない活動の継続と成果につながる、というメッセージを伝えました。指導ポイントの一例を披露する場面では、同じテーマでのセッションを担当する日本レクリエーション協会の先生に生徒役モデルとしてご協力をいただき、実技指導として説明しました(生徒役を急遽お願いした小山先生は平岩の実技にご協力くださった直後、自らのセッションでも結構ハードな実技を連続して披露。講演後に「脚がパンパン」と笑っていらっしゃいました。無茶ぶりにご対応くださりありがとうございました!)

この全国会議は毎年、都道府県持ち回りで開催されており、本年度は群馬県開催だったようなのですが、昨今の状況を鑑みて初めてのオンライン開催となり、東京の会場は新宿センタービル内に設置されました。従来の開催では会場キャパシティ的にも数百名の参加が限度だったのが、今回は全国からの接続が可能になったおかげで桁ひとつ上回る同時視聴数が得られたとのこと。平岩時雄の指導手法にも、全国のスポーツ指導者・関係者の皆様にリアルタイムで触れていただくことができました。

いままで平岩のスポーツ指導は直に接してコミュニケーションするスタイルを主としておりましたが、今回オンライン指導の機会を得たことで、リモートによる指導でも十分効果をだせると平岩メソッド事務局は実感しました(いままでもスマホ動画越しの指導で生徒さんの足を速くしたとか、実績は十分にあるんですよ)。

昨年から地方の皆様のご要望にお応えできない状況が続いております。何らかの方法が検討できそうな感触です。新しい生活様式における平岩時雄トレーニングメソッドに、長い目でご期待ください!

平岩時雄フィジカルコーチングメソッド事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です