平岩時雄の著書「99%の人が速くなる走り方」が筑摩書房より5月に刊行されました。
「走る」ことは、ほとんどのスポーツにとって重要な基本動作のはずなのに、正しい走り方を学ぶ機会はほとんどありません。正しく体を動かすことで、誰もが速く走れるようになり、走りが速くなるとスポーツは必ず楽しくなります。いままでプロ野球選手をはじめ、プロフェッショナルなアスリートやスポーツ指導者をおもな対象として活動してきた平岩時雄が、はじめて部活動で汗を流す中高生に向けて贈るエール。子どもを持つ親や体育の授業や地域スポーツで子どもを指導する大人たちにも ぜひ読んでいただきたい、スポーツ教育へのフィロソフィが込められた一冊です。

 

<おもな内容>
・走ることはすべてのスポーツの基本
・なぜスピードが大切なのか
・「走る」とはどういうことなんだろう?
・プロスポーツ選手が持っているアンテナ
・正しい走り方ってあるの?
・わかると楽しい、走りの正体
(筑摩書房 2018/5/10)新書 221ページ